車のブレーキシステムの仕組み

最近の新型車は安全性能が向上して、あらかじめ事故を防ぐシステムが搭載されているものが多くなりました。
これには、自動車製造で国産車の性能がどんどんと向上し、ブレーキ性能やエンジン性能も大きく変わり、急ブレーキをかけたときに、ハンドル操作が利かなくなることを避けるために、ブレーキパットがディスクをロックすることを避け、ディスクを継続してはさむことなく、ブレーキロックをしないことでハンドル操作性を高めることが目的であるABS(アンチロックブレーキ)やレーダで障害物を確認しながら、衝突を避ける衝突被害軽減ブレーキなどのシステムが搭載される車が増えました。
従来は車の差別化を図るため、高級車のみにこのようなシステムが搭載されていたのですが、軽自動車やコンパクトカーの台数が増加したことで、小型車にもこのようなシステムを装備する車が増えました。
これは年々増加する事故を未然に防ぐための予防策として各メーカーが技術力を駆使して安全性を高めるようになりました。
今後、このようなブレーキシステムが安全装置として多くの自動車に搭載されることで追突や衝突などの事故が少なくなり、また、万が一の衝突時であっても事故の被害を最小限に抑え、衝撃を軽減させることが可能となります。