いろいろなブレーキの種類と仕組み

車には様々な種類の減速の役割を持った装置があり、大きく分けてディスクとドラムがあります。
ディスクは回転しているローターを両側からパッドを挟み込んで押さえることでローターの回転を落としていって減速を行っていく装置です。
ディスクには、フローティングタイプやopposedタイプやネガティブタイプといった物があります。
フローティングタイプは、減速を行なうと内側のピストンが出てきて、パッドをローターに押しつけることで反力を受けることになり、スライドピンを通じてcaliperが動作し、動作したcaliperの外側の部分が外側のパッドを引き寄せることでローターを両側から挟む構造となっており、シリンダがローターの内側のみにあるのが特徴です。
opposedタイプは、パッドを両側から挟み込んで減速を行えるようになっており、シリンダがローターの両側にある構造となっています。
ネガティブタイプは、産業機械用に適しており、産業で一般的に行われる作業の安全性を重視して開発された物であり、電動機が非常停止しても、減速が出来るような工夫が施されているのが特徴となっています。
ドラムは主・サイドブレーキとしてよく使われ、ドラム内のシューによってドラムを挟み込んで内側から押さえつけて減速を行っていく仕組みになっています。

Comments are closed.