ディスクブレーキの仕組みと役割

ディスクブレーキはその名のとおり、ディスク(円盤)を使って制動させるブレーキ装置です。その仕組みは非常に簡単です。タイヤと同じ軸に金属製のディスク(円盤)が取り付けられています。同じ軸ですからタイヤの回転と一緒に回転します。円盤の両側にはディスクパッドと呼ばれる板が取り付けられていて、ここに油圧装置がつけられています。あなたが車のスピードを落とそうとブレーキペダルを踏むと、その踏力が油圧ラインを通してブレーキパッドに伝わります。ブレーキパッドは円盤を両側から挟み込むようにして車軸の回転を抑え込みます。これによって車が停止するのです。ブレーキパッドを支えている装置をブレーキキャリパー、ブレーキパッドをディスクに押し付ける装置をキャリパーポッドと言います。このブレーキが優れているのは、放熱性が非常に高いということです。ブレーキとは運動エネルギーを熱エネルギーに変換する装置でもあるのですが、ブレーキ自体に熱がこもってしまうと制動力が低下してしまいます。この方式はディスクとパッドが外気に触れているので非常に冷却効率が高く、高い制動力を維持することができるのです。さらに放熱性を高めるためにディスクに放熱孔を開けたベンチレーテッド・ディスクを備えたものもあり、構成のスポーツモデルなどに採用されています。

Comments are closed.