ドラムブレーキの仕組みと役割

ドラムブレーキは非常にシンプルで今日でも多くの乗用車に採用されているブレーキ方式です。これはその名のとおり、金属製のドラム(円筒)を用いたものです。タイヤホイールを固定している車軸のハブの部分の内側がドラムです。このドラムの内部にブレーキ・シューが取り付けられていて、これを内側からドラム内部に押し付けることによって制動力を得るのです。あなたがブレーキペダルを踏むと、ブレーキワイヤーあるいは油圧ラインがブレーキ・シューを外側に押し広げるように動作させます。広がったシューはタイヤと一緒に回転しているドラムの内側に擦りつけられ、やがて回転が止まるのです。機構としては非常にシンプルであるため多くの車に採用されているのですが、ディスクブレーキに比べると放熱性に劣ることが欠点です。どうしてもドラム内部に熱がこもってしまうため、あまりに長時間ブレーキを踏み続けたり、非常な高速域からのブレーキングではドラム内部に熱が蓄積してしまい制動力が落ちてしまうという欠点があります。長い下り坂でエンジンブレーキを併用するように注意喚起の標識があるのはこのためなのです。したがってこのブレーキ方式を採用している車を運転される方は、エンジンブレーキとポンピングブレーキを多用することをお薦めします。

Comments are closed.