エンジンブレーキの仕組みと役割

エンジンブレーキは名前の如くエンジンと車との関わりを一時的にストップさせて、オートマチック車のようにクリープ現象さえも起こらなくする事です。これは山道の下りで多用されます。ギアとの噛み合いをカットする事によって全くエンジンが動いていないと言う事になるので、これを実行している内は全く燃料が消費されません。山道の下りは常に下り坂であり、エンジンが動いてなくても勝手に車はスピードに乗って下って行く事になります。これを作動せずにブレーキペダルを活用して下っていくと、ペーパーロック現象というブレーキが効かなくなる現象に陥る場合があります。これはブレーキを踏む時の摩擦によってブレーキ液が沸騰してしまい、上手くブレーキが作動しなくなるという現象です。山道を下っている時にこの事態に陥ってしまえば事故を免れる事が出来ません。山道によっては緊急避難場所として急な上り坂が道とは別に設置されている場合がありますが勿論無い山も多く存在します。この動作は長い信号待ちなどでも活用する事が出来ます。オートマチックの場合は常にブレーキペダルを踏んでなければならないので、この機能を利用することによって足を休憩させることが出来ます。

Comments are closed.